営業

【社会人必見】苦手な数字が強くなる方法3選

 

悩んでる人

学生時代一切数学や算数を勉強してこなかったせいか
仕事で数字を見ると嫌になります。

数字に強くなる方法はありますか?

 

本日はこのような悩みを解決していきます。

✅本記事の内容

・数字も言葉と同じ

・勉強ではなく習慣

・本気で相手に伝えたい時は?

 

こんにちはりょすです。
3刀流を目指している25歳です。

僕自身何をしているかと言いますと

りょす

・プロコーチ 
・マーケ会社員
・元一部上場企業営業マン 

とまあ色々と活動しております。ブログは書くことが好きなので書いてます。

このブログでは営業の裏技や、コーチング、マーケティングなど社会人の方が稼げるため情報を発信していきます。
今後も見に来てくれると嬉しいです。

 

 

今回の記事は数字についてです。

 

皆さんは数字は得意ですか?

 

僕は大の苦手でした。

今でもその後遺症は残っているくらい.......

でも前に比べれば計算したりするのは好きになりました。

 

 

今回は数学や算数のような数字を見るのが苦手な人が少しでも克服できるような内容で進めていきます。

 

読み終わった後は案外シンプルに数字のことを見れると思います。

では早速記事に入ってみましょう。

 

 

 

数字は言葉と同じ

「それデータで示せないかな」

「定量的根拠は?」

 

日頃この言葉をビジネスシーンで耳にすることは多いのではないのでしょうか。
自分的には数字で示せたつもりでも相手には全く伝わっていないですよね....

 

 

それは数字ではなく言葉として伝わっていないのです。

よく、英語で日本人が発音してもアメリカ人は頭をかしげることがありますよね?あなたの前で今、同じことが起きています。

 

自分では発音できているつもり
自分では数字で表してるつもり

 

「つもり」は相手に伝わらなければ意味はありません。
伝わらないのであればどうしたら伝わるでしょうか。

 

ポイント

数字をコトバにしましょう。

数字って聞くとどうしても

 

「難しい~」

って変換していないですか?

僕はそうでした。

 

この記事を読んでいるあなたはきっと数字が苦手でこの記事を読んでいると思います。
コミュニケーションツールの一つという認識を持って欲しいです。

 

これが具体的な策です。

 

相手と同じ共通の認識を持つことが大事です。

 

今、世界共通語は英語です。
でも英語できない人は多数世界にいます。

 

私もできません笑

 

ですが、数字の3はどこの国に行っても3で伝わりますよね。

 

これってお互いの共通認識が成り立っているからこそ相手に伝わっているということです。

 

このように計算ツールではなくコミュニケーションツールとして使うことにより単なるコミュニケーションよりも効果的に楽しいものになるということです。

今日から数字はコトバを意識しましょう!

 

 



 

 

数字は勉強ではなく習慣

 

 

質問です!!!

明日から健康的に生活をしてください               

と言われたら何をしますか?

 

大抵の人は早寝早起きをするとか、野菜を摂るとか、少しの運動をするとか思い浮かんで行動に移すと思います。

 

今挙げたものって勉強......ではないですよね。

そう、習慣です。

早寝とか運動とかってすべて習慣から成り立つものです。

 

 

それを数字に置き換えても一緒です。

あなたが今数字に強くなりたいと思うのならば、算数や数学を今から勉強することが大事ではありません。

もちろん知識として持っておくことは大事なので勉強をするなという意味ではありません。

ここで必要なのは「勉強」ではなく「習慣」ということです。

日々忙しい業務タスクをこなしていて必然的に数字は目にすると思います。

それでは習慣化にはなりません。

 

なぜなら自分の意志でその数字を見ていないからです。

 

自分で意図的に時間を作り、仕事以外で数字を触れることをおススメします。

仕事以外でというのが難しい方いると思うので例を挙げます。

ポイント

あなたの好きなアーティストの1回のコンサートの売り上げ高は?
今日一日何メートル歩いた?
スポーツ選手の時給は?

 

1万人入るコンサート会場でチケット代が8,000円ならば8,000万円ですよね!

iPhoneには万歩計がついていますよね。
1万5千歩歩いたとして自分の歩幅1歩が約1メートルであれば
15,000メートルなのでキロに直すと15キロ歩いたことになります。

 

簡単でいいんです。

無理やり自分の得意ではない分野にする必要もありません。

好きなものや人を使うことによって興味も出ますし知ることでマメ知識になったりするのでオススメです!

 

まずは脳の数字を仲良くさせましょう。これまで散々数字を嫌ってきた人なら尚更数字は怖くないよと記憶させましょう。

嫌ってたものが普通になるだけで見え方は変わってきます。
一緒に数字を習慣化していきましょう。

 

相手に本気で伝えたいなら数字とハート?

ここまでインプットお疲れ様でした。

数字に対しての意識が前より少しでも上がっているのであれば思考がポジティブに働いている証拠です。

 

最後は「伝える」という部分を少しお伝えしますね。

 

先ほどお伝えしましたが、数字はコミュニケーションツールです。

 

私たちはどうしても自分中心に物事を伝えてしまう癖があります。

 

しかし相手は色々な情報を扱っていて瞬時に言われても整理がついていないケースがほとんどです。

 

意識してほしいことは
相手に「わかりやすい」と納得させるということです。

 

ここで相手が納得する伝える黄金比をお伝えします。

 

ポイント

数字9割 ハート1割です。

 

ここまで数字のことを説明してきたのでもちろん数字が大事です。

 

ただ数字だけだと人は論破されてる気分になったり中には退屈と感じてしまう人もいます。

 

論破は自己満に過ぎません。

 

根拠を納得させるのは数字的データです。

 

人を動かすのはあなたの想いや人間性です。

なのでハート1割とお伝えさせて頂きました。

 

たくさん数字、数字と言ってきて最後ハートかよと思うかもしれませんが、
人間は数字的に体はできていません。

 

健康的な生活だって生まれてから自分一人でできている人なんていません。
習慣ができてから仕組み化されいずれ当たり前になるのです。

 




 

まとめ

数字の克服方法について伝えさせていただきました。

ポイント

・数字はコミュニケーションツールである
・数字を日常の当たり前にする(習慣)
・数字9割、ハート1割

 

私が苦手な数字に対してイメージを変えれた方法です。

 

数字は人類が滅ばない限り永久になくなることはないです。

 

あなたが数字が苦手で活躍できていないのならまずは
数字は嫌いというイメージから脱却することが第一歩です。

 

どんどん習慣化して行ってください。

 

たださいごに伝えたハート1割も忘れずに。

人を動かすのは9割の数字的根拠と

あなたの熱意です。

 

 

 

コーチング

コーチングを受ける前はやりたいことも決まっていなくて、会社で週5日奴隷のように働き週2日休みを楽しみに生きていました。

 

ただコーチングを受けてからは、自分のなりたい像が明確にやることも明確になったのでこれまで5勤2休を楽しみにしていたのですが
今では毎日仕事をしていても楽しいと感じるようになりました。
毎日にワクワクしています。

 

コーチングをすることによってより明確な未来を想像することができます。

 

このブログを読んでくれている人は少しでも前に進みたいと思っているのではないでしょうか。

 

僕はまだまだですがコーチングのおかげでここまで行動を続けることができました!

 

今度は、僕はその気づきを与えてもらった側から次は与える側へ回り人にポジティブを与えていきたいと考えております。

コーチング体験セッションを現在募集しておりますので下記公式LINEからご連絡お待ちしております。

 

友だち追加

 

ポイント

【体験セッション概要】

費用:無料 (※コーチングは継続することで最大限の力を発揮します)
時間:60分(ZOOM等のオンライン)
内訳:アイスブレイク15分 セッション45分

 

 

少しでも今より人生を前に進めたいという方!お待ちしております。
本気で向き合います!

 

最後まで読んでくれたあなたが大好きです!
それではまた!

 

 

 

 

-営業