ビジネス

【自己実現準備編】やりたい事を探す前に必ずやるべき事がある



悩んでる人

自分のやりたい事が見つかりません。

もう何をしていいのか分からなくなってきました。

 

 

今回はこのような悩みを解決していきます。

 

 

✅本記事の内容

・間違った思い込みを排除する

・心の声を聴け

 

この内容でお届けしていきます。

 

 

こんにちはりょすです。
3刀流を目指している25歳です。

僕自身何をしているかと言いますと

りょす

・プロコーチ 
・マーケ会社員
・元一部上場企業営業マン 

とまあ色々と活動しているのでまた見に来てくれると嬉しいです。

 

 

さて。

今回のテーマは「やりたい事を探す前に必ずすべき事」です。

 

 

あなたは自分のやりたい事が何かわからない。

そんな状況なのではないでしょうか。

 

 

だから、インターネットで「やりたい事 見つけ方」の

キーワードで検索し、運よくこの記事に辿り着いてくださった。

 

 

そして今、

あなたのその小さな勇気と素晴らしい行動力が未来を拓きました。

この記事に辿り着いてくださった時点で人生勝ち確です。

あなたは何でも出来ます。何者にでも成れます。

あなた自身の声を聴いて、思い付いたことを、とりあえずやってみましょう。

 

 

めっちゃ怪しい感じとお思いと感じますが、

この記事を読みながら考え方を変えていく事が出来れば、

必ず今のあなたとは違うあなたになっている事を保証します。

 

 

ですので、めっちゃ怪しいと思いながら

安心して

是非最後までお読みくださいませ。

間違った思い込みを排除する

 

結論から言います。

やりたい事を探す前に必ずやるべき事は

「間違った思い込みを排除する」ことです。

 

 

これさえ出来れば

あなたはやりたい事を見つけることは勿論の事、

何でも出来ます。何者にでも成れます。

 

 

では「間違った思い込み」とは何かと言いますと、

「自分には無理」という「感情」です。

 

 

自覚は無いかもしれませんが、

無意識のうちに今のあなたには

「自分には無理」という「感情」が働いています。

 

 

でも、これは当然のことなのです。

 

 

その原因は過去の経験にあります。

 

 

私たちは義務教育の過程の中で、

テストの点数や運動能力で周りと比較され

ある程度社会に順応するために

尖った個性の部分を削られて育ってきました。

 

 

あなたが僕の大好きなコムドットやまとのような

天才で超ナルシストでない限り

少なからず劣等感を感じて生きてきたことでしょう。

 

 

幼少期であれば友達や兄弟

ここ最近であれば同期や年齢の近い後輩と比較され

「自分は出来ない人間なんだ」「どうせ今回も自分には無理」と思い込む。

 

 

また親や家族、恋人などの特に距離の近い周りの人から

否定されたり、信じてもらえなかったりすることも

「自分には無理」という感情が芽生える一因となっています。

 

 

人間というのは過去のネガティブな経験や感情を強く記憶する生き物です。

命を守るために、遠い先祖の時から脳にプログラミングされています。

 

 

このプログラミングが無ければ、

今頃全員ライオンに食い殺されていることでしょう。笑

 

 

つまり、過去のネガティブな経験から

「自分には無理」という「感情」が強く記憶されてしまうことで

何事もやる前から

「今回も自分には無理」という「感情」を抱いてしまい。

やり始められないのです。

 

 

こんな状態では何もやり始められず

当然のことながらやりたい事も見つかる訳がありません。

 

 

ですから、この章に「自分には無理」という間違った思い込みは

置いていって下さい。

 

 

それが出来た方だけ、次の章に進んでください。

心の声を聴け

ポイント

・人間というのは過去のネガティブな経験や感情を強く記憶する生き物

・「自分には無理」という間違った思い込みを排除する

 

「自分には無理」という間違った思い込みを排除して下さったあなたに

念を押して話しておきます。

 

 

「自分には無理」というのは、あくまで「感情」であって

「事実」ではないです。

 

 

勿論、過去に「実際にやってみて出来なかったこと」に対しての

「自分には無理だった」は「事実」です。

(あくまでこれも「だった」と過去の話なので、

過去は書き換えられるという話はまた別の機会にしますね!)

 

 

では、まだ私たちが他人と比較されなかった頃の話まで遡りましょう。

 

 

あなたは生まれてきた時、何も出来ませんでした。

出来たことと言えば「おぎゃー、おぎゃー」と泣きながら、

肺呼吸を始められたくらいでした。

 

 

しかしそこから、ハイハイやつかまり立ち

そして立ち上がり歩けるようになり、走れるようになってきました。

 

 

また世界の言語の中でもかなり難関と言われる日本語も話せるようになり

地方の方は、幼稚園に上がる頃には一丁前に

方言まで話していたことでしょう。

 

 

その頃は「自分には無理」なんて考えましたか?

その「感情」は「事実」ではなく、

大人になるうえで周りの目から植え付けられた「幻想」で

その感情さえ取っ払ってしまえば

人間は何でも叶えられる生き物なんですよ。

 

 

ここまで、書かせて頂いたら

恐らくもう「自分には無理」という間違った思い込みを排除して下さったと思います。

 

 

あとは、もう簡単です。「自分の声を聴く」これだけです。

周りの目や否定的な声を聴くのではなく

どんな些細な事でも構いませんので「自分の声」を聴いてください。

 

 

もっと具体的にいうと、今の状態で

「自分は本当は何がしたいのか」意識的に考えてください。

 

 

考える上でヒントを1つ出しておくと

小学生までに無意識のうちにやっていたことや好きだったこと

夢中になれていたことの中に

「あなたの得意な事」のヒントが隠れています。

 

 

その得意なことが活かせるような何かを見つけて

やり始めて頂ければ上手くいきやすいです。

 

 

「自分には無理」という間違った思い込みを排除した今の状態のあなたで

「自分は本当は何がしたいのか」意識的に自分の声を聴き

何か思いついた事を、とりあえずやってみる。

 

 

ここまできてやっと

やりたい事が見つかるチャンスを得られるのです。

まとめ

ポイント

・「自分には無理」という間違った思い込みを排除する

・周りの目や否定的な声は放置して、自分の声を聴く

・何か思いついた事を、とりあえずやってみる

 

上記のポイントを中心に記事を書いていきましたが、

いかがだったでしょうか。

 

 

恐らく、今のあなたは以下のような状態でしょう。

 

 

「自分のその小さな勇気と素晴らしい行動力が未来を拓いた。

この記事に辿り着いた時点で人生勝ち確だ。

自分は何でも出来る。何者にでも成れる。

自分の声を聴いて、思い付いたことを、とりあえずやってみよう。」

 

 

この既視感のある文章は

冒頭に書かせて頂いたものの主語を

「あなた」から「自分」に変えただけです。

 

 

このマインドがまさに大切なんですね。

是非このマインドを忘れずに、

めげそうになったらまたこのブログに戻ってきてください。

僕と一緒に話してみませんか!?

 

自分には無理という間違った思い込みを排除出来た!

けど、また元の自分に戻ってしまいそうで不安。

 

 

思いついた事が出来たけど、

自分だけでやり続けられるか心配という方。

 

 

是非一度お話しましょう!!

私はプロコーチとしてお手伝いが出来ます。

 

 

友だち追加

 

ポイント

【1on1概要】

費用:無料 
時間:60分(ZOOM等のオンライン)
内訳:アイスブレイク15分 セッション45分

 

ご連絡お待ちしております!!

 

最後まで読んでくれた皆さんが大好きです!

それではまた!!!

 

 

 

-ビジネス