ライティング

【青汁王子から学ぶ】新時代の時間とお金の稼ぎ方

借りたいと貸したいを、繋ぐ【トケマッチ】

 

借りたいと貸したいを、繋ぐ【トケマッチ】

悩んでる人

お金になるには、どんな元手やスキルが必用なの?

今回はこのような悩みを解決していきます。

 

✅本記事の内容

・お金持ちになるための第一歩は「行動すること」

・自分のビジネス領土を理解しろ

この内容でお届けしていきます。

 

こんにちはりょすです。
3刀流を目指している25歳です。

僕自身何をしているかと言いますと

りょす

・プロコーチ 
・マーケ会社員
・元一部上場企業営業マン 

とまあ色々と活動しているのでまた見に来てくれると嬉しいです。

 

さて。

今回のテーマは「新時代の稼ぎ方」です。

 

三崎優太さんが書いた、「時を稼ぐ男」を元に解説していきます。

この本はビジネス本というより、三崎さんのエッセイに近い1冊となっています。本書の冒頭部分ではどうやって一世を風靡していったか、詳しく書かれているので、僕の感想なんかも織り交ぜながら進んでいきます。

 

 

 

ビジネスマンに限らず、お金持ちになりたい!と誰もが1度は思ったことあるんじゃないですかね。

僕もその中の1人です。

新時代の稼ぎ方を学んでいきましょう!

 

それでは、本編へどうぞ。



 

1.お金持ちになるための第一歩は「行動すること」

「お金になるには、どんな元手やスキルが必用なの?」

今回の悩みをサックと解決していきます。

 

普段から、青汁王子(次回から王子)はこの質問をよく受けるみたいです。

それに対する王子の答えは、「お金持ちになるだけなら、元手もスキルも必用ありません」というものです。

 

なんと、驚いたことに資金もスキルも必要ないというんです。

貯金ゼロ、スキルゼロでも大丈夫。誰でもお金持ちになれるってこと?!それなら資金もスキルもない僕でもお金持ちになれるってことじゃん!

でも、全然お金持ちになれそうにないけど、なんで…?

いまからその理由を解説していきます。

 

ここで質問です。

スキルがあればお金持ちになれるでしょうか。

答えは「NO」

もちろんそれなりのスキルがあれば、役に立つこともあるでしょう。しかし、それがあるからといって、必ずしもお金持ちになれるわけではありません。

 

世の中には、豊富な経験を有し、高いスキルを持っている人たちがたくさんいます。元手やスキルに頼ってお金持ちになれるなら、彼ら皆、お金持ちになっているはずです。ところが実際はどうでしょう。全員がお金持ちになってはいませんよね。

 

では、お金持ちになるためには、何をすればいいんだよ!という声が聞こえてきそうなので、結論からお伝えします。

 

「どんなことでもいいので、お金持ちに必用だと思うことをすぐに実践する」

 

お金持ちになると思ったら、行動あるのみです。

 

口先だけで、「お金持ちになりたい」や「一生遊んで暮らせるだけのお金がほしい」などというだけになっていませんか?

実際に何の行動も起こしていなければ、いつになってもお金持ちにはなれません。スタートラインにすら立っていない状態でどうやってお金持ちになるのでしょうか。

お金もになるという未来を切り開いていくには、スタートラインにたち、行動を起こすしか道はないのです。

僕もまだお金持ちのは程遠いですが、いつでもお金が使えるように準備しています。

行動あるのみ!という心意気で常に物事を考えるようにしています。



2.自分のビジネス領土を理解しろ

「ビジネスは市場という領土の奪い合い」

ここを理解していないと、確実に競合他社に飲み込まれます。

ビジネスというのは、そこに参入しているプレイヤーたちが命懸けで「領土」を奪い合う”戦争”であり、価値のある領土を手にしたものこそが勝者となります。

 

例えば、市場規模が「100億円」の業界があったとします。

その業界で起業しようとおもったら、「100億円」という領土を奪い合う戦争に参入すると考えて下さい。

参入後ビジネスがうまくいき1億円の売り上げを達成したとします。この場合、あなたの会社は1%の領土を獲得したことになります。

もちろん、領土を100%独占するなんて、そう簡単にできるものではありません。

ですが、少しずつでも自分の領土を拡大していくことを目標にしてみましょう。

 

さらに業績を伸ばし、ついに100億円の売り上げを達成できたとしたら、それはあなたの会社がその業界の市場をの完全独占を成し遂げたことを意味します。

 

自分の業界がどのくらいの規模の会社なのか。

競合他社はいくら稼いでいるか。

これらのことを見える化し、自分の会社の市場を把握しておきましょう。

市場は領土、領土内の占有率を高めていくことで成功の道が開けるのです。



まとめ



持つべきは競争優位性です。

「市場という領土」は「業界の景気」によって変化します。

 

100億円の市場が、120億円に拡大すればその分市場規模が20億円拡大したことを意味します。

これは領土拡大のチャンスです。

 

少しの差別化で大きく市場(領土)は変化します。

ビジネスをする際は、「相対的にみて自分の会社に競争優位性があるだろうか」という点を徹底的に検証することが必用不可欠なのです。

 

僕と一緒に話してみませんか?

挑戦したいけど何を挑戦していいかわからない方へオススメです。

 

僕は日々コーチとして、様々な方とお話をしております。

 

僕のコーチングは会話を終えてからその人がワクワクして毎日を送ることができるようなセッションを提供しています。

 

コーチングってなに?と思われている方はまずこちらの記事を読んでください。

コーチングってなに?

 

人は生きていると必ずと言っていいほど悩み考えます。

そのまま落ちてしまう人もいれば這い上がる人もいます。

 

ただ人間が気づきを得て行動する瞬間は爆発的なエネルギーが生まれます。

僕の生きがいは瞬間に携われることです。

 

ぜひこれを最後まで読んでくれた方コーチングでもなんでもいいので一度僕とお話してみましょう!

 

友だち追加

ポイント

【1on1概要】

費用:無料 
時間:60分(ZOOM等のオンライン)
内訳:アイスブレイク15分 セッション45分

 

ご連絡お待ちしております。

 

最後まで読んでくれた皆さんが大好きです!

それではまた!!!


-ライティング