ビジネス マーケティング

【エッセンシャル思考から学ぶ】捨てる技術を得る〜絶対にやるべきことを決めるために〜

2,500冊の本を10分で!本の要約flier(フライヤー)

2,500冊の本を10分で!本の要約flier(フライヤー)

悩んでる人

タスクがたくさんな時、何を基準に捨てるのかがわからない。。。

今回はこのような悩みを解決していきます。

 

✅本記事の内容

・容赦なく切り捨てる技術

・断り方のレパートリーを増やす

この内容でお届けしていきます。

 

こんにちはりょすです。
3刀流を目指している25歳です。

僕自身何をしているかと言いますと

りょす

・プロコーチ 
・マーケ会社員
・元一部上場企業営業マン 

とまあ色々と活動しているのでまた見に来てくれると嬉しいです。

 

さて。

今回のテーマは前回に引き続き「エッセンシャル思考」です。

 

前回の記事を読まれていない方はそちらを先に読んでください。

【エッセンシャル思考から学ぶ】最少の時間で成果を最大にする時間術

 

前回の記事では、あなたが「いるもの」と「いらないもの」の選択方法についてお話ししました。

 

では、「いらないもの」を今すぐに捨てる勇気はありますか?

 

「絶対にやるべきこと」を決めるのは、エッセンシャル思考の第一歩です。

それができたら、次は「やらなくてもいいこと」をキッパリ捨てることです。

 

今回の記事では、”エッセンシャル思考”からその方法についてお話ししていきます。

 

 

1.容赦なく切り捨てる技術

まずは、冒頭部分を抜粋してお伝えします。

 不要な技術を捨てる紹介をしよう。うまく捨てる技術があれば、同僚や上司、顧客の反感を買うどころか、むしろ賞賛されるようになるはずだ。

古い洋服を捨てるのは、簡単ではない。いざ捨てようとすると「やっぱり勿体無い」という気持ちにつきまとわれる。この立派な肩パット入りジャケット、いつか必要になったらどうしよう?

不要に感じるのも無理はない。心理学の研究によると、人は自分が所有しているものを実感より高く評価しがちである。手元にあるという理由だけで、捨てられない気持ちになるのだ。

古めかしい肩パット入りジャケットと決別するためには、こう考えてみるといい。

「これをまだ持っていなかったら、お金を出して買うだろうか」

買うと言い切れないなら、それは必要ではない。

仕事でも生活でも同様だ。

「もしもこの話が来ていなかったら、自分から積極的にチャンスを求めにいくだろうか?」

もちろん、洋服を捨てるほど簡単な話ではない。だが、転がり込んできたチャンスにノーと言うことができなければ、ただ成り行きに流されるだけで終わってしまう。考えるべきは、「どれを引き受けようか?」ではない。「何にノーというか」である。

捨てるべきものを問う時、自分の優先事項がはっきりと見えてくる。自分の本当の使命が明らかになり、個人だけでなく組織全体のために最高の仕事ができるようになる。

仕事や人生の決定打となるブレイクスルーは、不要なものを切り捨てることから始まるのだ。

ここであなたに伝えたいことは、あなたにとってなにが重要であるのかということです。

 

例えば会社から昇格の話が来た場合、当然チャンスなので嬉しいですよね。

自分のことを評価してくれているので。

 

ただ、一回考えてもてほしいです。

それが本当に自分のやりたいことに繋がっているかどうかを。

仮に、繋がっていないとしたら、その昇格の話は断るべきなのです。

難しいですけど笑

 

断固として上手に断る

勇気とは、プレッシャーに負けない品格のことです。

 

前記事で紹介した、自分のやるべきことがわかったら、それを元に自分に必要なことか判断しなければいけません。

 

自分が正しいと思うことと、誰かがやれと言ったことが、食い違っていた経験はありますか?

心の中では違うと思いながら、仕方なく行動したことは?

他人の顔色を伺い、場を丸く収めるためにイエスと言ったことは?

上司や同僚、友人、親戚、などの誘いを、断るのが怖くて引き受けてしまったことは?

きっと、思い当たる節があるはずです。

 

他人からの誘いを断るスキルは、エッセンシャル思考必須のスキルだからです。

 

重要なことだけに集中しろと言われも、実際断るのって体力がいるしむずかしいですよね。

でも大丈夫。

 

大切なことを知っていれば断ることができるのです。

 

どうすればキッパリ断れるのか、その方法について紹介します。

 

◆判断を関係性から切り離す

誰かに何かを頼まれる時、私たちはそれを関係性の問題だと思ってしまいます。

頼みを断るのが相手を拒絶することだと感じてしまうのです。この2つをきちんと分けて考えなければなりません。

 

関係性から切り離して考えたとき、判断はより明確になり、それを伝える勇気と思いやりも生まれてきます。

 

◆直接的でない表現を使う

「ノー」という言葉をつかわなくても、「ノー」をいうことは可能です。

時には直接的な表現はさけ、やんわり断ることも必要になります。

 

「声をかけて嬉しいのですが、あいにく手がいっぱいで、、、、」

「行きたいのは山々なんだけど、時間があるかどうか、、、、」

 

こんな感じで断ればいいのです。

 

◆トレードオフに目を向ける

ここでイエスと言ったら、自分は何を失いますか?

そのトレードオフに目を向ければ中途半端なイエスは言えなくなります。

どんな判断する時も機会コストを忘れてはいけません。

「これを選んだら、別のもっと価値のあるものができなくなる」ということもあります。

 

全部やってみよう!と非エッセンシャル思考の罠にはまってはいけません。

全てやるのは不可能です。

失うものを冷静に分析し、納得できる答えを出しましょう。

 



 

2.断り方のレパートリーを増やす

 

エッセンシャル思考の生き方は、ノーを言い続ける生活です。

8つ例を紹介します。

 

①とりあえず黙る

気まずい沈黙をい怖がらず、沈黙を味方につけましょう。

何か、頼まれごとや誘われたら黙ればいいです。

これはすぐに出来そうですよね。しかも簡単に実践できます。

何か言われたら、黙るだけですから。笑

 

②代替案を出す

相手に歩みながら断る方法です。

「今は手一杯なので、手が空いたら是非ご一緒させてください。来月はどうでしょう?」

断りながらも、相手に歩み寄っているので、不快感を感じさせない断り方です。

 

③予定を確認して折り返す

いったん考える時間ができると、断るのが容易になります。

その場でつい引き受けてしまうことが多いなら

「予定を確認して折り返します」

この言葉を使ってみてください。自分のペースで仕事ができるようになります。

 

④自動返信メール

普段から自動返信にしておくと、自分の時間が確保できます。

この”エッセンシャル思考”の著者グレッグ=マキューンは本を書いている間、

「執筆のために隠遁中」という件名の自動返信メールを設定し、

「現在、本の執筆に忙殺されております。返信が遅くなりますが、どうかご理解ください」

驚いたことに、誰も文句を言わなかったと言います。そのまま受け入れてくれたのです。

 

⑤どの仕事を後回しにしますか?

上司からの仕事は断りづらいものです。

そんな時はこの言葉を使ってみてください・

 

「はい、ではその仕事を優先にやります。今抱えている仕事のうちどれを後回しにしますか?

「今かなり仕事を抱えているので、これをミリに差し込むと品質が落ちてしまいます」

 

しっかり筋を通せば納得してくれます。その後、なんでも引き受けてくれる別の部下にお願いしに行ったそうです。

 

⑥冗談めかして断る

親しい間柄なら、冗談めかして断ってしまえば良いです。

例えば、友人にマラソンに誘われたとしましょう。

「絶対無理!」と軽く言えばいいのです。笑いがおきその場は収まるでしょう。

 

⑦肯定を使って否定する

喜んで引き受けたふりをして、実は断るテクニックです。

例えば、「どうぞ、僕の車を使ってください。キーはここに置いておきますね」

このように、車を貸すのはいいが、運転はしたくない意志を表現しています。

力にはなりたいが、全面的に巻き込まれたくない時に有効です。

 

⑧別の人を紹介する

「私は無理ですけど、彼は興味を示すんじゃないかな」と言って別の人に回してもらいましょう。

自分を見込んで頼んでくれたと思いたいところですが、実際は誰がやってもいい場合がほとんどです。

 



 

まとめ

いかがでしたか。

 

頼まれた時の断り方はわかったと思います。

 

今日から実践して、自分の時間を確保しましょう!

 

自分が「やらなくてもいいこと」はやらなくていいです。どんどん断って自分の「やりたいこと」に時間をさきましょう。

 

 

僕と一緒に話してみませんか?

挑戦したいけど何を挑戦していいかわからない方へオススメです。

 

僕は日々コーチとして、様々な方とお話をしております。

 

僕のコーチングは会話を終えてからその人がワクワクして毎日を送ることができるようなセッションを提供しています。

 

コーチングってなに?と思われている方はまずこちらの記事を読んでください。

コーチングってなに?

 

人は生きていると必ずと言っていいほど悩み考えます。

そのまま落ちてしまう人もいれば這い上がる人もいます。

 

ただ人間が気づきを得て行動する瞬間は爆発的なエネルギーが生まれます。

僕の生きがいは瞬間に携われることです。

 

ぜひこれを最後まで読んでくれた方コーチングでもなんでもいいので一度僕とお話してみましょう!

 

友だち追加

ポイント

【1on1概要】

費用:無料 
時間:60分(ZOOM等のオンライン)
内訳:アイスブレイク15分 セッション45分

 

ご連絡お待ちしております。

 

最後まで読んでくれた皆さんが大好きです!

それではまた!!!



 

 

 

 

 

 

 

-ビジネス, マーケティング