ビジネス 営業

【リーダー必見】個人目標を絶対に達成させる方法2選

初めてのお試し一人暮らしは「unito(ユニット)」

初めてのお試し一人暮らしは「unito(ユニット)」

悩んでる人

チームを率いながらだと、自分の目標が疎かになってしまう、、、

今回はこのような悩みを解決していきます。

 

✅本記事の内容

・「チームの目標達成すればいい」では不十分

・忙しいからこそ、「やらないこと」を決める

この内容でお届けしていきます。

 

こんにちはりょすです。
3刀流を目指している25歳です。

僕自身何をしているかと言いますと

りょす

・プロコーチ 
・マーケ会社員
・元一部上場企業営業マン 

とまあ色々と活動しているのでまた見に来てくれると嬉しいです。

 

さて。前回の記事は読まれたでしょうか。

まだ読んでない方は、そちらからご覧ください。より内容が深まります。

【マネジメント術】リーダーがやるべき目標達成の見極め方

 

前回の記事では、部下を目標達成に導くメゾットをお話ししました。

それができれば、リーダー自身の目標達成についてです。

 

チームを率いながら自身の仕事もこなすのが、ブレイングリーダーです。このような立場だからこそ押さえておきたい、自信の個人の目標達成の手法について、解説していきます。

 

それではいきましょう。

 



 

1.「チームの目標達成すればいい」では不十分

リーダーは部下の目標管理だけしていればいい時代は、過去のものとなりました。今は、自身も前線にたって個人目標を追いつつ、チームの目標達成についても考えなければならないケースが大半です。

 

ブレイングリーグは「リーダー個人に課せられた目標」は必ず達成すると自分自身に誓いましょう。

チーム全体の目標が達成していたら、自分自身の目標は未達でもいいと考えるリーダーもいますが、絶対にNGです。

 

確かに、チームの目標を達成していたら、会社としては目標達成しているから問題ないかもしれませんが、メンバーはそうは見てくれません。

「リーダーなのに足を引っ張っている人」と見られてしまうわけです。

 

チームの目標を達成しているのは、部下たちがリーダーの不足をカバーしたためで、言い換えると、「リーダーの借金を部下が取り立てている」ということです。こうした構図は、メンバーはとても敏感です。必死で目標達成した部下によると、ちっとも面白くありません。(逆の立場になって考えてみるとよくわかります。)

 

それだけでなく、リーダーは「目標達成諦めてはダメ」とメンバーに常日頃伝えているはずです。「口で言うだけの人」と不名誉のレッテルを貼られてしまうかもしれません。

メンバーから信頼されなくなったリーダーは終わりです。

 

たとえチームとしては既に目標達成していたとしても、最後の最後まで個人目標を諦めない姿を見せることは、そのチームでリーダーとしてやっていくためには極めて重要だと言えます。

 

それでも、結果的に目標達成できないこともあるでしょう。

ここで知っておいてほしいのが、メンバーが見ているのは「あなたの結果」だけでないという点です。

 

最後まで、走りぬいた姿勢をみてメンバーは、リーダーも本気なのだと感じるはずです。

メンバーから見られているのは、結果だけなく、「自信の個人目標をいい加減に扱わない」という姿勢なのです。

 

ポイント

NG:リーダー自身の「個人目標」は未達でも構わないと思っている

リーダー自身が個人目標への信念を見せないと、それを部下に見透かされ信頼が得られなくなる

OK:リーダー自身が「個人目標」への執念を見せる

たとえ達成できなくても、部下に示しをつけるため、リーダー自身が個人目標への信念を失わないようにする

 



2.忙しいからこそ「やらないこと」を決める

あくまで、リーダーの本業はチームのマネジメントです。

自身のプレイングではありません。プレイングに走ると、チームのコンディションは悪くなります。

 

では、リーダー自身の個人目標にも執着をすることは不可欠だと、前の説で言いました。では、どうすればいいでしょうか。

 

結論から言えば、リーダーは「選択と集中」の徹底をする必要があります。

リーダーは「やること」と「やらないこと」を明確にしないと、とても務まりません。全てをやろうとすると、かえって要領が悪くなってしまいます。

 

ここからは、リーダーが「選択と集中」を徹底するための、2つの方法を紹介します。

RFM分析で優先順位を決める

もしあなたが営業職なら、「対象顧客」の力の入れ方に強弱をつけざるを得ません。

※参考文献:https://www.esrij.com/business-map-glossary/analytical_method/rfm_analysis/

 

RFM分析とは、Recency(最近の購入日)、Frequency(購入頻度)、Monetary(購入金額ボリューム)の3つの指標で顧客をランクづけし、注力すべき顧客を絞ることです。

ランキングが高い顧客を優先して対応することで、営業の実績をキープしたまま、マネジメントの仕事にも時間を作れます。

 

競合他社の状況がわかればウォレットシェアで分析する

ウォレットシェアとは、ある商品について顧客の予算が、どのような割合で自社や他社に使われているのかを表す指標です。

※参考文献:https://www.crm-agent.biz/media/crmbasic03/

 

もし、競合他社に流れている指標が大きい顧客がいたら、そこに注力しない手はありません。

RFM分析以上に結果に直結する攻めの「優位順位」をつけられます。

 

ポイント

NG:基本思考が「もっと、やらないといけない」

自分の仕事をなんでもこなそうとすると、肝心のマネジメント業務が疎かになる

OK:基本思考が「もっと、やめないといけない」

仕事はチームのマネジメント。それ以外の仕事は本当にやるべきことだけに絞る

 



 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

ここで、鍵となるのは、「競合他社」の取引額がわかることです。競合他社の利用状況をチェッくできる業種であれば、仮説でいいので競合他社の取引額を算出してみましょう。

算出することにより、優位順位をつけることができます。

 

全てに全力を出すのではなく、一点集中で対処することが求められているのです。

まずは、対象とすべき顧客、業務を選定することから始めてみましょう。

 

僕と一緒に話してみませんか?

挑戦したいけど何を挑戦していいかわからない方へオススメです。

 

僕は日々コーチとして、様々な方とお話をしております。

 

僕のコーチングは会話を終えてからその人がワクワクして毎日を送ることができるようなセッションを提供しています。

 

コーチングってなに?と思われている方はまずこちらの記事を読んでください。

コーチングってなに?

 

人は生きていると必ずと言っていいほど悩み考えます。

そのまま落ちてしまう人もいれば這い上がる人もいます。

 

ただ人間が気づきを得て行動する瞬間は爆発的なエネルギーが生まれます。

僕の生きがいは瞬間に携われることです。

 

ぜひこれを最後まで読んでくれた方コーチングでもなんでもいいので一度僕とお話してみましょう!

 

友だち追加

ポイント

【1on1概要】

費用:無料 
時間:60分(ZOOM等のオンライン)
内訳:アイスブレイク15分 セッション45分

 

ご連絡お待ちしております。

 

最後まで読んでくれた皆さんが大好きです!

それではまた!!!



 

 

 

-ビジネス, 営業