ビジネス

【リーダー必見】目標を達成させるマネジメント





悩んでる人

チームのリーダーとしてメンバーに目標達成させるには何をすればいいの?

今回はこのような悩みを解決していきます。

 

りょすブログで人気シリーズのリーダー回です。

チームの各メンバーの目標を必ず達成させるマネジメント術についてお話しします。

 

あなたがチームのメンバー個人の目標を達成させるために、リーダーとしてどのようなことをしていけばいいのでしょうか。

具体的に話していきます。

 

✅本記事の内容

・「徹底の基準」を曖昧にしない

・「やらなくていい」と言ってあげる

この内容でお届けしていきます。

 

こんにちはりょすです。
3刀流を目指している25歳です。

僕自身何をしているかと言いますと

りょす

・プロコーチ 
・マーケ会社員
・元一部上場企業営業マン 

とまあ色々と活動しているのでまた見に来てくれると嬉しいです。

 

それではいきましょう。

 



 

1.「徹底の基準」を曖昧にしない

まず最初にきちんと教えておくべきことを整理します。

仕事をする上で、部下と徹底の基準の共有はできていますか?

 

上司 「ちゃんとやってる?」

部下 「はい、ちゃんとやってます」

このような会話が成立するのは、徹底の共有ができている時だけです。

 

言われたことだけをやっていれば「ちゃんとやっている」という人もいれば、言われたことだけでなく、自分なりにやり方を工夫してアレンジすることを「ちゃんとやっている」と考える人もいます。

これだけでは足りないという人もいるでしょう。「自分だけの工夫ではなく、上司や先輩に相談して、自分の不足を補う」ことこそが徹底と考える人もいます。

 

つまり、どのくらいが「ちゃんと」なのかという、「徹底の基準」を、チーム内で明確にしておかなければならないのです。

 

もちろん、「自分だけの工夫ではなく、上司や先輩に相談して、自分の不足を補う」ことこそが、理想的な「徹底」の姿です。

メンバーの目標を必ず達成させるには、徹底の基準を揃えておくことが大切です。

 

ここで、あなたに質問です。

あなたにとって、徹底はどちらに近いですか?

A:自分のできる範囲で、精一杯の努力をする

B:自分のできる範囲を超えても、あらゆる手を尽くして、やり遂げる

リーダーは迷わず「B」でないといけません。

常勝のビジネスパーソンは皆Bを選択します。

つまり、あなた自身は「B」であることを前提にメンバーに伝えなくてはいけません。

 

「徹底とは、自分のできる範囲での努力だけでなく、人の力を借りたり、今までとは異なる手法を使ってでもやりとげること」だと。

 

ただし、いくら徹底をすると言っても、当たり前ですが、社会のルールに反することは絶対にやってはいけません。

たとえば、自社商品を自分で買って目標達成、下請業者への無茶なバーターなどは、今の時代にやっているとすぐに不祥事となります。

そんなことするくらいなら、未達成の方がマシ。

「徹底度」を高めるときこそ、リーダーは、社会の常識を全うする冷静さも同時に求められるのです。

 

ポイント

NG:自分なりに一生懸命やる

どんなに努力しても自分だけの力では限界があります。それだけでは徹底とはいえません。

OK:人の力を借りてでもやる

上司や先輩を利用してでも、目標達成に向けて進むことこそが徹底だという意識を、部下と共有しておきましょう。

 



 

2.「やらなくていい」と言ってあげる

エネルギーを分散させないために、「それはやらなくていい」と伝えてあげましょう。

苦戦する人ほど、アレもコレもやってしまい、行動すれど達成できず、、、、

という状態になっていることは少なくありません。

 

結果を出すビジネスパーソンはアレもコレもしません。やりたくても我慢しているんです。短時間で結果を出すことに注力しているためです。

 

これは戦略のセオリーです。大企業ニトリの似鳥会長は、「ホテル業の誘いをもらったが、やらなかった」といいます。また、星野リゾートの星野社長も、「ホテルの運営はするが、所有はしない。我々はホテル運営のプロなので」と”やらない”ことの大切さを説いています。

 

優れた経営者は、時間、資本、エネルギーに限りがあることを熟知しているから、”やらない”ことの大切さを知っているんです。

経営者でなくとも、現場のリーダーでもセオリーは一緒です。自身が率いるチームに、アレもコレもやらせないのはセオリー中のセオリーなのです。

やることの前に、やらないことを決めると、余計なものに省く時間を短縮できるのでおすすめです。

 

やることを絞る

あなたのチームは、KPIだらけになっていませんか?

経営者であれば、KPIは多くなってくると思います。しかし、実行組においては、KPIは最大でも3つ。できれば1〜2つ程度に絞っておきたいところです。

 

「今、どこに注力すべきか」を考えて、やるべきことを絞ってみてください。

仮に、会社から多くのKPIを求められたとしても、それのどれに注力するのか決めるのもリーダーの仕事です。

そういった場合でも、「今、やるべきことは何か」を考えてみてください。

 

ポイント

NG:「アレもコレも」とやることを増やす

指標をいたずらに増やしてしまうと、チームが疲弊して、やらなければならないことまで疎かになってしまいます。

OK:「目標達成に影響しないこと」はやらない

会社からさまざまな行動基準を求められても、全てを採用せず、やるべきことを絞るのはリーダーの役割です。

 



 

まとめ

あなたのチームをよくするためにリーダーがやらなければならないことを記事にしました。

必ず目標達成するチームはこれらのことが、きちんと遂行されています。

 

徹底を共有し、やらないことを伝える。

これだけでも、チームとしての無駄な時間がなくなり、直接成果として如実に現れるでしょう。

 

この記事を読んだ瞬間から、取り組めることなので実践してみてください。

 

僕と一緒に話してみませんか?

挑戦したいけど何を挑戦していいかわからない方へオススメです。

 

僕は日々コーチとして、様々な方とお話をしております。

 

僕のコーチングは会話を終えてからその人がワクワクして毎日を送ることができるようなセッションを提供しています。

 

コーチングってなに?と思われている方はまずこちらの記事を読んでください。

コーチングってなに?

 

人は生きていると必ずと言っていいほど悩み考えます。

そのまま落ちてしまう人もいれば這い上がる人もいます。

 

ただ人間が気づきを得て行動する瞬間は爆発的なエネルギーが生まれます。

僕の生きがいは瞬間に携われることです。

 

ぜひこれを最後まで読んでくれた方コーチングでもなんでもいいので一度僕とお話してみましょう!

 

友だち追加

ポイント

【1on1概要】

費用:無料 
時間:60分(ZOOM等のオンライン)
内訳:アイスブレイク15分 セッション45分

 

ご連絡お待ちしております。

 

最後まで読んでくれた皆さんが大好きです!

それではまた!!!

 


-ビジネス